ビットウォークって怪しい?評判・口コミ・体験談を紹介

※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

記事はこんな方にお勧めです。

  • ビットウォークって怪しくない?
  • 実際に使っている人の評判や口コミが知りたい!
お困りマン

ビットウォークが気になります。
タダで仮想通貨がもらえるなんてなんか怪しい…
実際のところどうなんですか?

こんな悩みを解決します。

ビットウォークは、歩いただけで仮想通貨が稼げるスマホアプリで、「ただ歩くだけで稼げるなんて怪しい」と感じている人もいることでしょう。

というわけで本記事では、以下のことを解説します。

本記事の内容

  • ビットウォークが怪しくない理由
  • ビットウォークの危険性・リスク
  • ビットウォークのメリット・デメリット
  • ビットウォークの評判・口コミ

結論、ビットウォークは全く怪しくありません。

本記事を読めばビットウォークへの不安が解消され、安心してアプリを楽しめるようなります。

ビットウォークを始める前に…

ビットウォークで稼いだビットコインは仮想通貨取引所で日本円に換金できます。

仮想通貨取引所の口座開設はキャンペーンを利用すると、無料で仮想通貨がもらえます。

仮想通貨をもらえるキャンペーンの一覧は以下の記事で詳しく紹介しています。

仮想通貨の購入はビットバンク

最短3分で無料登録が完了します。

セキュリティ対策も万全。仮想通貨取引量国内No.1

ワンタップでビットコインが買える。

\口座開設で1,000円もらえる※/

本格的なテクニカル分析も可能!

※口座開設後、10,000円入金で条件達成

目次

ビットウォークは怪しい?

ビットウォークは怪しい?

繰り返しになりますが、ビットウォークは全く怪しくありません。

ビットウォークの仕組みは、次の通りです。

ビットウォークの仕組み
  • 歩いた歩数にあわせてビットコインがもらえる
  • 初期費用は不要で無料で始められる
  • アプリ内で広告を見るともらえるビットコインがさらに増える
  • スマホのヘルスケア情報と連動して使う
お困りマン

初期費用もいらず、歩いただけでビットコインがもらえるなんてやっぱり怪しくないですか??

働きマン

これだけ見ると確かにそう思うかもしれませんね。

ビットウォークが怪しくない理由を紹介していきましょう。

ビットウォークが怪しくない理由

  1. 個人情報の入力は不要
  2. 報酬は企業の広告費があてられる
  3. ユーザー情報を収集しない
  4. 初期費用が不要
  5. 運営会社がしっかりしている

①個人情報の入力は不要

ビットウォークを始めるのに名前や住所、電話番号などの個人情報を入力する必要ありません。

スマホにアプリをダウンロードすればすぐに利用でき、稼いだビットコインを出金するときに「メールアドレス」を入力するだけでOKです。

働きマン

ビットウォークは、個人情報を入力する必要がないので悪用される心配もいりません。

②報酬は企業の広告費があてられる

「無料でビットコインがもらえるなんて怪しい!」と考える人もいるでしょう。

ビットウォークの報酬は、アプリ内で流れる企業の広告費でまかなわれています。

企業がビットウォークに広告を出し、CMを見たユーザーにお礼としてビットコインを支払っているということですね。

③ユーザー情報を収集しない

ビットウォークは、スマホの「ヘルスケア機能」と連携して歩数をカウントしています。

ビットウォークに利用される情報はユーザーの歩数のみで、ネット閲覧の履歴や位置情報など、個人情報に関係するデータの収集は一切行っていません。

ネットサービスの中にはトラッキングによってユーザーの個人情報を集めて、商品を売ろうとするものもあります。

働きマン

ビットウォークはユーザー情報を収集していないので、不要な商品を売りつけられる心配もありません。

④初期費用が不要

ビットウォークは、アプリを始めるのに初期費用がいっさいかかりません。

無料で始められ、個人情報などの入力も不要なのでリスクゼロで安心して始めることが出来ます。

⑤運営会社がしっかりしている

⑤運営会社がしっかりしている
画像引用:Paddle

ビットウォークは、「株式会社Paddle」という日本企業が運営しています。

会社名株式会社Paddle
代表取締役井出悠仁
設立2016年11月15日
所在地東京都渋谷区東2-25-3
事業内容インターネットサービスの企画・運営・開発
提供サービスBitwalk(ビットウォーク)
Bit Start(ビットスタート)
BitBrowser(ビットブラウザ)
顧問弁護士GVA法律事務所
株式会社Paddleの概要

株式会社Paddleは「お金の選択肢を増やす」を目標に掲げ、お金を理由に夢をあきらめない世界を実現するために活動しています。

ビットウォークのほかにも、買い物によってビットコインを貯める「ビットスタート」や、ブラウザ検索でビットコインを貯める「ビットブラウザー」などのサービスを提供しています。

働きマン

ビットコインを使って、人々のお金を増やす手助けをしている企業ということがわかりますね。

ビットウォークの危険性・リスク

ビットウォークの危険性・リスク
お困りマン

ビットウォークには危険性やリスクはまったくないんですか?

働きマン

正確には危険性やリスクがゼロということはありません。

実際にどんな危険性・リスクがあるのか紹介していきましょう。

ビットウォークの危険性・リスク

  1. 運営会社の倒産・事業撤退
  2. ビットコインの価値下落
  3. 送金ミスによる損失
  4. 不必要な商品を買ってしまうことも

①運営会社の倒産・事業撤退

ビットウォークは、「株式会社Paddle」という日本企業が運営しています。

企業である以上、倒産することもあれば赤字で事業を撤退することもあります。

せっかくビットウォークを始めてビットコインを稼ぎ始めても、サービス自体がなくなってしまっては稼ぐことが出来なくなってしまいます。

働きマン

運営企業の倒産や事業撤退でサービスが利用できなくなるのが、ビットウォークのリスクの一つと言えます。

②ビットコインの価値下落

ビットウォークは、報酬としてビットコインを受け取ります。

報酬であるビットコインには、「価格下落リスク」が存在します。

ビットコインは日本円と違い、日々、価格が変動しています。

ビットコインは現時点(2023年3月)で「1コイン=300万円」の価値がありますが、ほんの3か月前の2022年12月には「1コイン=220万円」の価値しかありませんでした。

さらに1年半前の2021年11月には「1コイン=700万円」もの価値があったこともあります。

このようにビットコインの価格は大きく変動するためせっかく稼いだビットコインの価値が半分に減ってしまうリスクがあるということです。

働きマン

逆を言えば、ビットコインの価値が上がれば稼いだ額以上の稼ぎがもらえるとも言えますね。

③送金ミスによる損失

仮想通貨の世界ではすべての取引は自己責任で送金ミスによる損失を補償してくれる人はいないので注意が必要です。

働きマン

せっかく稼いだ仮想通貨も送金ミスをすると、完全に失ってしまう恐れががあります。

仮想通貨の送金は慣れるまで少額で行い、送金アドレスの入力ミスがないように十分注意しましょう。

仮想通貨の送金方法は以下の記事でも詳しく解説しています。

ビットフライヤ―でリップルを購入してBybitに送金する方法

④不必要な商品を買ってしまうことも

ビットウォークではアプリ内で企業の広告を見ることで、もらえる仮想通貨の量を増やすことが出来ます。

隙間時間に多くの広告を見るのはいいですが、気づいたら買う必要もなかった商品を買ってしまったということも考えられます。

広告視聴をする際は、本当に必要な商品かどうかよく考えてから購入するように注意しましょう。

ビットウォークのメリット

ビットウォークのメリット

ビットウォークのメリットを紹介していきましょう。

ビットウォークのメリット

  1. 初期費用は無料で始められる
  2. 自動で歩数をカウントしてくれる
  3. 隙間時間に稼げる

①初期費用は無料で始められる

ビットウォークの最大のメリットは、初期費用ゼロでビットコインが稼げることです。

必要なのはスマホだけ。

働きマン

リスクなく仮想通貨投資が始められるのでメリットが大きいですね。

②自動で歩数をカウントしてくれる

ビットウォークはスマホのヘルスケア情報と連動して歩数をカウントしています。

ビットウォークを使うのにわざわざアプリを開く必要はなく、自動で歩数をカウントしてビットコインを貯めてくれます。

③スキマ時間に稼げる

ビットウォークは、アプリ内の広告を視聴するとより多くの仮想通貨を稼ぐことができるようになります。

ひとつの広告は30秒程度の短いものばかりなので、ちょっとしたスキマ時間にサクッと稼ぐことが出来ます。

ビットウォークは歩いて稼ぐことと合わせて、スキマ時間のポイ活アプリとして利用できます。

ビットウォークのデメリット

ビットウォークのデメリット

ビットウォークのデメリットを紹介していきましょう。

ビットウォークのデメリット

  1. 単体ではコスパが悪い
  2. CM広告を見るのに手間がかかる
  3. アプリの操作が必要

①単体ではコスパが悪い

ビットウォークだけを使って歩いて稼ごう考えている人がいたら、正直コスパはよくありません。

1日5,000歩程度あるいて、CM動画を毎日見つづけてもらえるビットコインは「1か月で200~300円程度」です。

このためだけに、歩くのはあまりにもコスパが悪いと言えます。

しかし、ビットウォークと同じように、歩いて仮想通貨がもらえるアプリは他にもいくつか存在します。

これらのアプリとビットウォークを併用すれば、歩くだけで「1か月で数千円」を稼ぐことも可能です。

働きマン

ビットウォーク単体ではコスパがよくないので、ほかのアプリと併用してみましょう。

歩いて稼げるアプリは、以下の記事で紹介しています。

【2023年版】Move to Earnアプリおすすめ一覧

②CM広告を見るのに手間がかかる

ビットウォークは、CM広告を見ることで稼げるビットコインの量が5倍に増えます。

逆をいうと、CM広告を見ないと少ないビットコインしか稼げないということです。

働きマン

ひとつのCM広告は数十秒程度ですが、それでも毎日CM広告を見るのは手間がかかりますね。

③アプリの操作が必要

ビットウォークでは、仮想通貨を受け取るのにアプリの操作が必要です。

最低でも一日に1回はアプリを開いて、歩いた分の仮想通貨を受け取る必要があります。

せっかく歩いた歩数も1日経つとリセットされてしまうため、一日に一回は必ずアプリを操作しなければならないのが欠点です。

ビットウォークの評判・口コミ

ビットウォークの評判・口コミ
お困りマン

ビットウォークを実際に使っている人たちは、どのような評価をしているんですか?

働きマン

評判や口コミから実際のユーザーの生の声をみてみましょう。

ビットウォークアプリは、実際に利用したユーザーからもとても高い評価を受けています。

iOSユーザーが利用する「App Store」では、2.7万件のレビューがつき「4.2」と非常に高い点数で評価を集めています。

実際にレビューされたコメントをいくつか見ていきましょう。

良い評価・口コミ

歩いて、半身浴しながら動画観て、ビットコイン貯める生活しています。

運動は体にいいし、それでビットコインももらえて…私には最高のアプリです!

少しづつではありますが確実に貯まっていき、自ずと歩数が増えていき、運動不足の解消にも繋がっています。

ビットウォークを始めたことで、歩く距離が増えて、仮想通貨がもらえると同時に運動不足が解消して、健康にも良いと喜んでいるユーザーもいるようです。

Applewatchにも対応しているため、Applewatchをつけている時とつけていないときで、倍位稼げて1ヶ月半ぐらいで出金が可能になった!

Applewatchを持っているユーザーは、スマホを持っていなくても常に歩数がカウントされるために、スマホのヘルスケアと連動している時と比べて多くのビットコインが稼げるようですね。

悪い評価・口コミ

バッテリーに減りが異様に増えたので確認するとこのアプリが15%の使用率でした。

ビットフライヤーはバッテリー消費が多いのが欠点のようです。

獲得時に何BTC獲得できたか不明。獲得履歴も確認できない。

ビットフライヤーでは、1回のスタンプでいくらのビットコインが獲得できたのか明確にわからない仕様になっています。

獲得履歴も残らないので、稼ぎの額がわからず悶々としているユーザーもいるようですね。

広告動画の表示速度が遅く、かつ、その間、他の処理ができなくなるので鬱陶しいです。

ビットウォークはCM動画を流している間は、他の処理ができなくなるのが欠点です。

CMを見るからこそお礼としてビットコインがもらえるわけですが、それがストレスになっている人も一定数いるみたいですね。

ビットウォークの体験談

ビットウォークの体験談

ビットウォークを実際に使ってみた体験談をご紹介します。

ビットウォークの体験談

  1. 仮想通貨をもらい忘れる
  2. スキマ時間に広告を見たほうが良い
  3. アプリの操作が簡単

①仮想通貨をもらい忘れる

ビットウォークは、歩いた歩数に応じてスタンプがもらえます。

集めたスタンプを仮想通貨を交換することで稼げる仕組みですが、このスタンプが1日経つとリセットされてしまうのが難点です。

夜にまとめてスタンプを交換するようにしているのですが、ついつい忘れて仮想通貨を貰いそびれることがあります。

②スキマ時間に広告を見たほうが良い

先ほど紹介したように夜にまとめてスタンプを仮想通貨を受け取ろうとすると、ついついもらい忘れてしまう日があります。

特に夜時間がない場合など、すべてのスタンプで広告を見て仮想通貨を5倍にするのが面倒な時があります。

効率的に稼ぐにはスキマ時間にちょこちょこアプリを開いて広告を見たほうが良いと感じます。

③アプリの操作が簡単

ビットウォークはアプリの操作性はとても良いと感じます。

無駄な機能は一切ないので、「歩く⇒スタンプを集める⇒広告を見る⇒仮想通貨を集める」がシンプルな操作で完結します。

ビットウォークで効率的に稼ぐ方法

ビットウォークで効率的に稼ぐ方法

ビットウォークで効率的に稼ぐ方法を紹介します。

ビットウォークで効率的に稼ぐ方法

  1. できるだけ多くの広告を見る
  2. 他のアプリと併用する
  3. 仮想通貨をもらえるキャンペーンを利用する

①できるだけ多くの広告を見る

ビットウォークでは、歩いた歩数に応じて仮想通貨を獲得できます。

仮想通貨を受け取る際に、アプリ内の広告を見ると受け取れる額が5倍に増える仕組みになっています。

1つの広告は30秒程度と短いものばかりなので、スキマ時間にコツコツ広告を見るようにしましょう。

②他のアプリと併用する

ビットウォークのような「歩いて稼ぐアプリ」で効率的に稼ぐコツは、ほかの歩いて稼ぐアプリと併用して利用することです。

ビットウォークは歩けば歩くほどたくさんのビットコインを稼げます。

同じように歩けば歩くほどたくさんの仮想通貨を稼げるアプリを一緒に使えば一石二鳥、三鳥、四鳥…。

歩いて稼げるアプリ
働きマン

私の一押しは「Walken」です。一緒に始めてみましょう。

Walkenについて詳しくは、以下の記事で解説しています。

【無料で稼げる】Walken(ウォーケン)の始め方・遊び方・攻略方法

③仮想通貨をもらえるキャンペーンを利用する

ビットウォークで稼いだビットコインを換金するには、仮想通貨取引所に口座を開設しなければなりません。

どうせ口座を作るなら仮想通貨をもらえるキャンペーンを有効利用しましょう。

口座を作るだけで数千円もらえる仮想通貨取引所もあります。

仮想通貨がもらえるキャンペーンについては、以下の記事で詳しく解説しています。

【期間限定】キャンペーンを利用して無料で8,500円もらう方法

ビットウォークへのよくある質問

ビットウォークへのよくある質問

最後に、ビットウォークへのよくある質問をご紹介していきます。

ビットウォークへのよくある質問

  1. ビットウォークの使い方を教えてください
  2. ビットコインはどうやって換金したらよいですか?

①ビットウォークの使い方を詳しく教えてください

ビットウォークは、歩いてビットコインを稼ぐスマホアプリです。

ビットウォークの詳しい使い方は、以下の記事を参考にしてみてください。

【無料】BitWalk(ビットウォーク)の仕組みと始め方|受け取り方法は?

②ビットコインはどうやって換金したらよいですか?

ビットウォークで稼いだビットコインは、仮想通貨取引所の口座で日本円で換金することが出来ます。

ビットコインの換金方法は、以下の記事を参考にしてみてください。

【画像つき】Bitwalk(ビットウォーク)の出金方法を紹介」

まとめ

まとめ

「ビットウォークって怪しいの?」という疑問に答えてきました。

結論:ビットウォークは全く怪しくありません

多少の危険性やリスクはありますが、二の足を踏むほどのことはなにもありません。

働きマン

あなたもビットウォークを無料で始めてみませんか?

無料で仮想通貨がもらえるキャンペーン

スクロールできます
サービス名報酬条件期間リンク
友達紹介プログラム

コインチェック
2,500円「紹介リンク」より会員登録
紹介リンクはこちら
2023年6月26日~公式HP
友達紹介プログラム

ビットフライヤー
1,000円招待コード「ue53er3x」を入力して会員登録期間制限なし公式HP
はじめての入金プログラム

ビットバンク
1,000円口座開設後「はじめて入金プログラム」にエントリーして1万円を入金期間制限なし公式HP
毎日10人に1,000円当たる

GMOコイン
1,000円500円以上購入のユーザーから毎日10名に当たる期間制限なし公式HP
新規登録キャンペーン

ビッコレ
1,000円会員登録期間制限なし公式HP
新規登録キャンペーン

マクロミル
1,000円会員登録期間制限なし公式HP
友達招待プログラム

みんなの銀行
1,000円招待コード「AxBHkxhA」を入力して口座開設期間制限なし公式HP
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次