BraveでBATがうまく稼げない時の7つの対処法

記事はこんな方にお勧めです。

  • Brave RewardsでBATが全然稼げない!
  • BATが稼げないときの対処法が知りたい!
  • BATをたくさん稼ぐコツを教えてほしい!
お困りマン

Braveを使ってるんだけどBATが全然稼げない…
なにか原因がある?
対処法を教えて…

こんな悩みを解決します。

Braveはネット閲覧時のすべての広告をブロックしてくれる新しいWebブラウザサービスです。

Braveでは仮想通貨のBATを稼ぐことが出来ますが、なかなか思うように稼げないという人もいると思います。

というわけで本記事では、以下のことを解説します。

本記事の内容

  • BraveでBATが稼げないときの対処法
  • BATを効率的に稼ぐコツ

本記事を読めば、BraveでBATが稼げないときに何をすればよいのかわかり、稼ぐコツが理解できるようになります。

Brave使っててこれ知らないとかやばい…

Braveを利用すると仮想通貨「BAT」がタダでもらえます!!

仮想通貨BATがもらえる仮想通貨取引所はビットフライヤーだけ。

ビットフライヤーに口座を開設し、Braveと連携すればあとは自動でBATが貯まります。

今なら口座開設で1,000円分のビットコインがもらえますよ。(招待コード必要)

Braveを利用するならビットフライヤー

最短5分で無料登録が完了します。

Braveを利用するとBATコインが無料で貯まる。

1円からのかんたん積立も可能。

\今なら1,000円分のビットコインがもらえる/

招待コード「ue53er3x」を入力してください!!

目次

BraveでBATがうまく稼げない時の7つの対処法

BraveでBATがうまく稼げない時の7つの対処法

BraveでBATが稼げない時の対処法を紹介します。

BraveでBATがうまく稼げないときの対処法

  1. 広告設定を確認する
  2. 広告の表示回数を増やす
  3. 自動支援機能をオフにする
  4. ビットフライヤーとの連携を確認する
  5. デバイスの通知設定をオンにする
  6. iPhone・iPad以外で利用する
  7. VPN接続では使わない

①広告設定を確認する

Brave Rewardsの設定を確認しましょう。

間違ってオフになっていると全く広告が表示されません。

広告設定を確認する

Brave Rewardsのアイコンをクリックして、右下の「設定」を選択してBrave Rewardsの設定画面に移ります。

広告設定を確認する2

「Braveプライベート広告」がオンになっている確認しましょう。

②広告の表示回数を増やす

Brave Rewardsでは広告を表示させる回数の設定ができます。

  • 1時間に最大1件
  • 1時間に最大2件
  • 1時間に最大3件
  • 1時間に最大4件
  • 1時間に最大5件
  • 1時間に最大10件

「1時間に最大1件」の設定になっていれば、なかなかBrave広告にお目にかかれずBATが稼げません。

広告の表示回数を増やす

広告の表示回数は、「Braveプライベート広告」のオンオフ設定の左側にある設定ボタンから行います。

広告の表示回数を増やす

ここで「通知広告頻度」を選びましょう。

③自動支援機能をオフにする

Braveには稼いだ仮想通貨のBATをWebページを作成するクリエイターにチップとして配布する自動支援機能がついています。

自動支援機能をオンにしていると、せっかく稼いだBATが知らないうちにクリエイターに配布されてしまいます。

BATを稼ぎたいのであれば、自動支援機能はオフにしておきましょう。

自動支援機能をオフにする

自動支援機能は、Brave Rewardsの「チップボタン」から設定が解除できます。

④ビットフライヤーとの連携を確認する

Brave Rewardsで稼いだBATを受け取るには、仮想通貨取引所のビットフライヤーと連携しなければなりません。

まだ、ビットフライヤーに口座を持っていない人はまずは口座開設から行いましょう。

ビットフライヤーにきちんと連携されているかどうかは、Brave Rewardsボタンをクリックすると確認できます。

ビットフライヤーとの連携を確認する

稼いだBATの左上に「接続済み」と表記されていれば連携はOKです。

ビットフライヤ―の始め方|メリット・口座開設方法・買い方・注意点を詳しく紹介

⑤デバイスの通知設定をオンにする

Brave Rewardsはデバイスのプッシュ通知を利用して広告が表示されます。

プッシュ通知の設定がオフになっていると、Brave広告がうまく表示されないことがあります。

スマホやタブレットでBraveを利用している人は、プッシュ通知の設定を確認してみましょう。

⑥iPhone・iPad以外で利用する

iPhoneやiPadで使われているiosは、アプリ内での課金以外でユーザーが報酬を獲得したり、チップを与えたりすることを禁止しています。

現時点ではAppleの利用規約上、iPhoneではBATは稼げない仕組みになっています。

BraveでBATを稼ぎたいのであれば、iPhoe・iPad以外のデバイスを利用しましょう。

⑦VPN接続では使わない

Brave Rewardsではセキュリティーの向上を目的としたVPN接続環境では利用することが出来ないようになっています。

企業のパソコンや情報管理の高いデータを扱うデバイスはVPN接続されていることがほとんどでしょう。

Brave RewardsはVPN接続されていないデバイスで行うようにしましょう。

Braveで効率的にBATを稼ぐコツ

Braveで効率的にBATを稼ぐコツ

Brave Rewardsを効率的に稼ぐコツを紹介します。

Braveで効率的にBATを稼ぐコツ

  1. 広告の表示回数を増やす
  2. 画面を更新して広告を探す
  3. Brave Newsを見る

①広告の表示回数を増やす

Brave Rewardsは広告の表示回数を自分で設定することが出来ます。

広告をたくさん見たくない人は最小限の設定にしておけばよいですが、できるだけたくさんの仮想通貨を稼ぎたい人は表示回数を最大限に増やしておきましょう。

②画面を更新して広告を探す

Brave Rewardsは、画面を更新するたびに新しい広告を表示する仕組みになっています。

BATをたくさん稼ぐことを優先するのであれば、時間を見つけて画面を更新して新しい広告を探してみましょう。

別のページに移動しなくても、Braveのトップ画面を更新するだけでも広告は表示されます。

③Brave Newsを見る

BraveではBrave Rewardsのほかに、Brave Newsを見て仮想通貨を稼ぐこともできます。

Brave NewsはBraveのトップ画面に表示されるので、Brave Newsが表示されたら積極的に見るようにしましょう。

Braveへのよくある質問

Braveへのよくある質問

Braveへのよくある質問を紹介します。

Braveへのよくある質問

  1. BATがビットフライヤ―に反映されない
  2. Brave Rewardsは複数端末で使える?

①BATがビットフライヤ―に反映されない

Braveで稼いだBATは、月に1回ビットフライヤ―に振り込まれる仕組みになっています。

BATがビットフライヤ―に反映されない

振込日はBrave Rewardsの設定画面で確認することが出来るので、自身の口座に反映される日を確認してみましょう。

【Brave Rewards】BATが増えない・貯まらないときの解決法

②Braveは複数端末で使える?

Brave Rewardsは複数の端末で利用することが可能です。

2023年2月現在では、4つの端末までビットフライヤ―の口座に接続することが出来ます。

スマホ、タブレット、パソコンなど端末を複数持っている人はすべての端末でBrave Rewardsを利用すればよりBATコインが稼ぎやすくなります。

まとめ

まとめ

BraveでBATがうまく稼げない時の対処法を紹介しました。

対処法を復習しておきましょう。

BraveでBATがうまく稼げないときの対処法

  1. 広告設定を確認する
  2. 広告の表示回数を増やす
  3. 自動支援機能をオフにする
  4. ビットフライヤーとの連携を確認する
  5. デバイスの通知設定をオンにする
  6. iPhone・iPad以外で利用する
  7. VPN接続では使わない

ひとつずつ確かめてみましょう。

仮想通貨を始めたい人に…

仮想通貨取引所に口座を開設するだけで仮想通貨がタダでもらえます!!

仮想通貨取引所が実施しているキャンペーンを有効利用すれば、元手ゼロで仮想通貨が始められます。

損するんじゃないかと心配な人は、まずは元手ゼロから仮想通貨を始めてみてください。

【期間限定】キャンペーンを利用して無料で8,500円もらう方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次