【Read to Earn】ReadON(リードオン)の始め方・稼ぎ方

※本ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

記事はこんな方にお勧めです。

  • 読んで稼ぐReadON(リードオン)について教えてほしい
  • ReadON(リードオン)の始め方・稼ぎ方が知りたい!
お困りマン

ReadONという記事を読んだだけで稼げるアプリがあると聞きました。
どうやって仮想通貨が稼ぐんですか?
始め方や稼ぎ方を教えて下さい。

こんな悩みを解決します。

ReadON(リードオン)は、ブログやニュース記事を読むだけで仮想通貨が稼げる「Read to Earn(読んで稼ぐ)」アプリのひとつです。

歩いて稼げるSTEPNが話題ですが、ReadONは「聴いて稼ぐ」という新しいジャンルのサービスとして注目を集めています。

というわけで本記事では、以下のことを解説します。

本記事の内容

  • ReadON(リードオン)の概要・特徴
  • ReadON(リードオン)の始め方
  • ReadON(リードオン)の使い方
  • ReadON(リードオン)の稼ぎ方

本記事を読めば、ReadON(リードオン)の始め方をマスターでき、誰でも気軽に仮想通貨を稼げるようになります。

さきにこれだけ言わせて

ReadON(リードオン)を使うには仮想通貨取引所に口座が必要です。

まだ口座を持っていない人はビットバンクに口座を開設しておきましょう。

今なら口座開設で1,000円分の現金がもらえます。

仮想通貨の購入はビットバンク

最短3分で無料登録が完了します。

セキュリティ対策も万全。仮想通貨取引量国内No.1

ワンタップでビットコインが買える。

\口座開設で1,000円もらえる※/

本格的なテクニカル分析も可能!

※口座開設後、10,000円入金で条件達成

目次

ReadON(リードオン)の概要・特徴

ReadON(リードオン)の概要・特徴
サービス名ReadON(リードオン)
リリース2022年8月(ベータ版)
ジャンルRead to Earn(読んで稼ぐ)
稼ぐ仕組みブログやニュース記事を読む
ネットワークアービトラム(Arbitrum)
独自トークンREAD・RGT
公式サイトhttps://readon.me/
ReadON(リードオン)の概要

ReadON(リードオン)は、ブログやニュース記事を読むだけで仮想通貨が稼げる「Read to Earn(読んで稼ぐ)」アプリの一つです。

Cattoという猫型のメガネNFTを使って、配信される記事を読むことで仮想通貨を稼ぎます。

現時点ではベータ版のサービスのため、メガネNFTを使わなくても無料でアプリを楽しむことが出来ます。

ReadONの特徴を紹介していきます。

ReadON(リードオン)の特徴

  1. メガネNFT(Catto)を使って仮想通貨を稼ぐ
  2. ユーザーによって厳選されたWeb3.0系の情報を配信
  3. 独自トークンの開発
  4. ReadOnで働ける

①メガネNFT(Catto)を使って仮想通貨を稼ぐ

メガネNFT(Catto)を使って仮想通貨を稼ぐ

ReadOnでは、「Catto」と呼ばれる猫型のメガネNFTを使って仮想通貨を稼ぎます。

Cattoの属性
  • Smartness:賢さ
  • Dexterity:器用さ
  • Curiosity:好奇心
  • Luck:運
  • Vitality:活力

Cattoにはレベルと属性が割り振られていて、ステータスが高いCattoは多くの仮想通貨を稼ぐことが出来ます。

またCattoには体力(HP)があり、記事を読むとHPが減り、HPが減ると稼げる仮想通貨が減少します。

働きマン

Cattoはミントで数を増やすことも可能です。

②厳選されたWeb3.0系の情報を配信

ReadOnで提供される記事は、Web3.0関連がメインです。

膨大な記事の中から、ReadOnのユーザー投票によって選ばれた良質な記事だけが配信されます。

働きマン

厳選されたWeb3.0の記事を読め、なおかつ仮想通貨まで稼げるなんてまさに一石二鳥のアプリですね。

③独自トークンの開発

ReadOnでは、独自トークンとして次の二つの仮想通貨が開発されました。

ReadOnの独自トークン
  • READ(ゲーム内トークン)
  • RGT(ガバナンストークン)

READは、記事を読むことでもらえるゲーム内トークンです。

Cattoのレベル上げや回復、ミントに使用されます。

RGTは、ReadOn DAOのガバナンストークンとして利用されます。

④記事を書いて稼げる

ReadOnは配信される記事を読んで仮想通貨を稼ぐだけでなく、自分で記事を書けばクリエイターとして稼ぐことも可能です。

Cattoを一定以上のレベルにすることで、クリエイター資格が得られるため興味がある人はチャレンジしてみてください。

ReadON(リードオン)の稼ぎ方・遊び方

ReadON(リードオン)の稼ぎ方・遊び方

ReadON(リードオン)の稼ぎ方を紹介します。

ReadON(リードオン)の稼ぎ方・遊び方

  1. 記事を読む
  2. メガネNFTを集め・育て売却する
  3. 独自トークンを売却する
  4. コンテンツを作成する

①記事を読んで稼ぐ

ReadONはCattoを使って記事を読むことで仮想通貨を稼ぎます。

Cattoのステータスによって得意なジャンルがあり、Cattoの特性にあった記事を読めばより効率的に仮想通貨を稼げます。

②メガネNFTを集め・育て売却する

Cattoは、ユーザー同士で売買することも可能です。

ミントでCattを増やしたり、レベルを上げて育てていけばさらなる利益を上げることが可能です。

③独自トークンを売却して稼ぐ

ReadOnでは、「READ」と「RGT」のふたつの仮想通貨がもらえます。

現時点では、仮想通貨取引所に上場していないため日本円に換金することはできません。

ReadOnアプリが正式リリースされれば上場される可能性が高いため、今のうちに二つのコインを集めておきましょう。

④コンテンツを作成する

ReadOnにWeb3.0系の記事を提供すれば、クリエイターとして稼ぐことも可能です。

投稿したコンテンツのジャンルの収益の一部が、クリエイターに還元される仕組みになっています。

ReadOnを使って知識を吸収したら、今度はコンテンツとしてアウトプットすることでさらに利益をあげましょう。

ReadON(リードオン)の始め方

ReadON(リードオン)の始め方

ReadON(リードオン)の始め方を紹介します。

ReadON(リードオン)の始め方

  1. アプリをダウンロードする
  2. 仮想通貨取引所に口座を開設する
  3. メタマスクにイーサリアム(ETH)を送金する
  4. OpenSeaでメガネNFTを購入する
  5. メガネNFTを使って記事を読む

①アプリをダウンロードする

アプリをダウンロードする

アプリストアで「ReadOn」アプリをダウンロードします。

アプリをダウンロードする2

ReadOnはメールアドレスひとつあればユーザー登録が完了します。

②仮想通貨取引所に口座を開設する

Cattoを購入するには、仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。

CattoはNFTマーケットプレイスの一つである「OpenSea」で購入できます。

OpenSeaはイーサリアム(ETH)という仮想通貨を使うため、仮想通貨取引所でイーサリアムを購入します。

まだ口座を持っていない人はビットバンクに開設しておきましょう。

今なら口座開設するだけで1,000円もらえます。

ビットバンクに口座開設して1,000円もらう

②メタマスクにイーサリアム(ETH)を送金する

メタマスクとは、ネット上に存在する仮想通貨専用の財布(ウォレット)のことです。

購入したイーサリアム(ETH)をメタマスクで保管してOpenSeaでCattoを買うときに使います。

仮想通貨取引所でイーサリアムを購入したら、メタマスクに送金しましょう。

メタマスク(MetaMask)の始め方|ブラウザ・スマホどちらも紹介

④OpenSeaでメガネNFTを購入する

OpenSeaでメガネNFTを購入する

メタマスクにイーサリアム(ETH)を送金したら、OpenSeaでCattoを購入しましょう。

購入したCattoはメタマスク上で保管することが出来ます。

⑤メガネNFTを使って記事を読む

Cattoを購入したらReadOnアプリを使って記事を読みましょう。

同時に使えるCattoの数は一体だけなので、記事のジャンルによってステータスやレベルを見ながらCattoを選んでいきましょう。

ReadON(リードオン)の将来性

OpenSeaでメガネNFTを購入する

ReadON(リードオン)の将来性を紹介します。

ReadON(リードオン)の将来性

  1. X to Earnの普及
  2. 潤沢な開発資金を調達

①X to Earnの普及

STEPNを代表とする「Move to Earn」、ReadOnが先駆けとなった「Read to Earn」、そのほか「Play to Earn」や「Sleep to Earn」など様々な「X to Earn」のサービスが登場しています。

サービスのリリースに伴い、X to Earnへの注目も高まり、利用者も拡大傾向にあります。

今後も「X to Earn」は世界中で普及すると考えられ、ReadOnで利用されるメガネNFTや独自トークンのREADの価値の向上が期待できます。

②潤沢な開発資金を調達

ReadOnは、すでに200万ドル(約2憶5千万円)の資金調達に成功しています。

多くの投資家から支持され、将来に期待されていることがわかります。

ReadOnでは潤沢な資金を使い、現在もアプリの開発が進められています。

また、ReadOnの公式Twitterには2023年6月時点で「13.1万人」のフォロワーがおり、ユーザーからの期待の高さもうかがえます。

ReadON(リードオン)のよくある質問

ReadON(リードオン)のよくある質問

ReadON(リードオン)のよくある質問をご紹介します。

ReadON(リードオン)のよくある質問

  1. ReadOnはスマホで使える?
  2. 課金しないと遊べない?
  3. どんな記事が読める?
  4. どれくらい稼げる?
  5. 最新情報はどこで手に入る?

①ReadOnはスマホで使える?

ReadOnはスマホで遊ぶことが出来ます。

iPhone、Androidいずれの端末でも利用できます。

②課金しないと遊べない?

ReadOnはCatto(メガネNFT)を購入しなければならないため、基本的には課金しないと遊べません。

いきなり課金するのは不安という人は、仮想通貨取引所の口座開設キャンペーンを利用して元手ゼロで始めてみるという手もあります。

【期間限定】キャンペーンを利用して無料もらう方法

ReadOnは現在ベータ版のため無料でCattoが配布されています。

課金せずにReadOnを利用したい人は、タダでCattoがもらえる今のうちに始めておきましょう。

③どんな記事が読める?

ReadOnは世界100か国、50言語以上で書かれたWeb3.0系の記事が配信されています。

膨大な記事の中からユーザーの投票によって選ばれた良質な記事を読むことが出来ます。

④どれくらい稼げる?

ReadOnの独自トークン「READ」はまだ仮想通貨取引所に上場されていないため、現時点ではいくら稼げるかは未定です。

仮想通貨が上場する際には、価格が高騰することが多いため今のうちにREADを集めておきましょう。

⑤最新情報はどこで手に入る?

正式版のリリースや、仮想通貨取引所への上場などの最新情報は以下の場所から手に入れることが出来ます。

ReadOnの情報収集先

特にDiscordコミュニティーには多くの最新情報が集まるため、定期的に覗いてみることをお勧めします。

まとめ

まとめ

読んで稼ぐReadON(リードオン)について紹介してきました。

ReadONの特徴
  • Catto(メガネNFT)を使って仮想通貨を稼ぐ
  • 厳選されたWeb3.0系の情報を配信
  • 独自トークン「READ」の開発
  • コンテンツを提供して稼げる

ReadON(リードオン)は、X to Earnの新ジャンル「Read to Earn」の先駆けとなる注目のスマホアプリです。

多くの投資家からも注目され、今後の発展が期待されるスマホアプリです。

働きマン

仮想通貨の上場前で、いくら稼げるか未定ですが上場によって大きく価値を上げる可能性もあります。

X to Earnの新しい波に乗り遅れないように、今のうちにReadON(リードオン)をダウンロードして「READ」を稼いでおきましょう。

最後にもう一度言わせて

ReadON(リードオン)を使うには仮想通貨取引所に口座が必要です。

まだ口座を持っていない人はビットバンクに口座を開設しておきましょう。

今なら口座開設で1,000円分の現金がもらえます。

仮想通貨の購入はビットバンク

最短3分で無料登録が完了します。

セキュリティ対策も万全。仮想通貨取引量国内No.1

ワンタップでビットコインが買える。

\口座開設で1,000円もらえる※/

本格的なテクニカル分析も可能!

※口座開設後、10,000円入金で条件達成

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次