第6回|一文を短くする

今回は「一文を短くする」について解説します。

現代人は時間がない。

結論の見えない記事や長文を、ゆっくり読んでいる暇はありません。

ということで、文章はとにかく「一文を短くする」ことを意識しましょう。

働きマン

短い文章は要点を簡潔に伝え、読者の読むストレスが軽減します。

目次

一文を短くする

文章を書いていると「なんか読みづらい」「結局なにを言いたいんだ?」と思ったことはありませんか?

文章が読みづらい原因は「一文が長い」ためです。

文章になれていない人が長い文を書くと、話がまとまらず、何が伝えたいのかわからなくなります。

一文は短いほうがよいため、記事を執筆するときは長文にならないように注意して、チェックリストを活用して見直しを行おう。

働きマン

わかったような、わからないような気がしますね。

一文は短いほうがよい。
記事を執筆するときは、長文にならないように注意する。
チェックリストを活用して見直しを行おう。

一文を短くすることで文章ごとに要点がしっかりと伝わり、読者のストレスも少なくなります。

一文を短くする具体的な方法

一文を短くする具体的な方法を紹介します。

一文一意を意識する

一つの文章で伝える内容は、一つに絞りましょう。

一文一意とすることで、「一意」の内容がしっかりと読者に伝わります。

× 『Aだし、Bとも言えます』

〇 『Aです。Bとも言えます』

働きマン

伝えたいことが複数ある時は、文章を分けましょう。

箇条書きを活用する

複数の項目を並べて説明したいときは、箇条書きを活用しましょう。

× 『A、B、C、D、Eのような特徴があります』

〇 『次のような特徴があります』

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
働きマン

箇条書きは一文を短くするだけでなく、重要なポイントを伝えやすいので積極的に活用しましょう。

「~が」で文章を区切る

「~ですが、~」「~しますが、~」という表現を見つけたら、文章を分ける癖をつけましょう。

× 一文は短い方がよいが、実行するのは難しい。

〇 一文は短いほうがよい。しかし、実行するのは難しい。

「~が」はライター界でも、避けたほうがよい表現と言われています。

働きマン

見つけたらどんどん文章を分けていきましょう。

まとめ

「一文を短くする」について紹介しました。

働きマン

文章を短くすることばかりを意識すると、記事を書く手が止まってしまうかもしれません。

短くするのは一通り書き終えて、推敲のタイミングでもOK。

今回紹介した方法で、一文をどんどん短くしていきましょう。

本ブログでは、初心者でも月5万円稼げるようになるライティング術を紹介しています。

一つずつマスターして稼げる副業ライターを目指してみてください↓↓

WEBライティング文章講座

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次